インフォメーション

2016-04-20 21:02:00

ランナーに人気の手首に装着するだけで心拍データが計測できるランニングウォッチ。

光学式心拍計の性能が向上し、計測できるデータや新しい機能が強化されました。

 

vivosmartHR Jにもありますが、フォアアスリート235Jでは、ANT+対応のデバイスへ転送する心拍転送モードが付きましたので、サイコンの心拍計として使用することも可能ですので、煩わしいベルトタイプの心拍計を装着する必要がありません。(正確性は少し落ちるようです。)

 

 

他機種との比較を測ってみました。(実測値、明邦調べ)

  発売日中央の厚さ(mm)最薄厚さ(mm)重量(g)
Foreathlete225J15.8.2515.354.5
vivosmart HRJ16.1.2114.8512.630
Foreathlete235J16.4.2114.2711.841.5

 

心拍(脈拍)付きの分、厚くなっていますが、段々と薄くなってきています。

225Jでは、光が漏れるのを防ぐため、周りにゴムが付いていましたが、HRJからはゴムがなくなり、センサー部の中央部分だけが盛り上がった形状をしています。

重量も225J→235Jで13g、20%以上の軽量化になったようです。

 

235JはGarminのアプリダウンロードサイトであるConectIQにも対応してますので各種アイテムをダウンロードして自身でデバイスをカスタマイズすることが可能です。

P1110814.JPG

試しに、WatchFaceを”BACK TO THE FUTURE"にしてみました。

他にもいろいろあります。お好みで、。今後も新しいのがでるのでは?

 

あと、充電時に使用のクレードルですが、225Jは少し外れ易かったのですが、235Jではクリップタイプになり、充電しやすく改良されているようです。

P1110809.JPG

 

 

フォアアスリート235JはBlackRed、BlackOrange、BlackGreenの3色ございます。リバースカラーベルトもついています。お好きな色をどうぞ。

P1110812.JPG

¥39,744

 

 

 

 

 

 

 

尚、ForeAthlete235J発売に伴い、前モデルForeAthlete225Jは弊店在庫に限り、特別価格にいたします。

心拍転送モードなくていいランナーの方はこちらもお得ですよ。限定〇個。早い者勝ち?

¥36,504→???